白内障の原因と治療・手術

白内障手術の費用について

保険適応の場合

3割負担
2割負担
1割負担
手術時
40000円程度
18000円程度
15000円程度
初診時
3000円程度
2000円程度
1000円程度
術前検査
2000~3000円程度
1500~2000円程度
700円から1000円

初診時にすべての検査を行う場合は初診時に術前検査を加えた分が目安となります。
高額療養費制度があり、世帯所得に応じて、一月の合計医療費の上限があります。
その場合はその月に限り上限までの負担となります。詳しくは健康保険組合、国保の方はお住まいの自治体にお問い合わせください。

多焦点眼内レンズの場合

令和2年(2020年)の診療報酬の改定より多焦点眼内レンズについては、先進医療から外れました。
従って、多焦点眼内レンズをご希望の方は、費用が以前と変更になっております。
また、医療保険などの先進医療特約は使用できませんので、ご了承ください。
多焦点眼内レンズ使用白内障手術費用= 手術費用(水晶体再建術)+多焦点眼内レンズ代
★手術費用は単焦点レンズ使用の白内障手術と同様で健康保険が適応されます。
★多焦点眼内レンズ代が手術代と別途必要となり、2焦点眼内レンズ(遠近):約20万円、3焦点眼内レンズ(遠中近):約30万円となります。

白内障の治療

日常生活に支障のない範囲であれば、点眼薬によって白内障の進行を遅らせます。
これらの薬は水晶体の濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させたりするものではありません。
白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。
視力にかかわらず、ご自身に不自由さがある場合は手術の適応となります。

白内障の術前検査

白内障の手術を受ける前には、手術が問題なく行えるかを調べ、目に合う眼内レンズを選ぶためにさまざまな検査を行います。眼内レンズはピントが一カ所の単焦点レンズ(保険適応)とピントが2カ所あるいは3カ所ある多焦点レンズ(自費診療)があります。手術の前に医師と相談してご自身の生活環境にあった度数を選ぶことが大切です。

必要となる主な検査

視力、眼圧、屈折検査、眼底検査(白内障の他に視力低下の原因がないか調べます)
細隙灯顕微鏡検査(水晶体や角膜、網膜の状態を検査します)
角膜内皮細胞検査(角膜の透明を保つ細胞の数を調べます)
眼軸長検査(眼内レンズの度数を決める検査)
採血検査(感染症の有無、その他、全身の異常の有無を調べます)

白内障の日帰り手術

白内障手術は手術や器械の進歩により患者さんの目にダメージを与えづらくなってきたため、日帰り手術にて行うことが可能となり、現在ではほとんどの場合で日帰り手術が行われています。日帰り手術の条件としては、通院できることが条件となります。
手術翌日を含め、術後は診察に来院していただく回数が増えますので、術後の予定は余裕を持っていただくことが大切です。

手術内容

手術の前に点眼をし、瞳を広げます。
目薬の麻酔をして痛みをおさえます。濁った水晶体を超音波で砕きながら吸い取っていきます。吸い取った後に人工のレンズを挿入して行われます。
白内障が進行している場合は、水晶体の核をまるごと取り出す場合があります。
手術時間は目の状態により一人一人異なります。概ね5分から20分程度となりますが、
医師におたずねください。手術を受けるときには、医師を信頼し、不安にならずに安定を心がけましょう。

白内障の術後経過について

手術直後は、目が充血することがあったり、ゴロゴロしたり、涙が出る、目がかすむなどの症状がありますが、これらの症状は数日から2週間程度で治まることがほとんどです。手術後1ヶ月から3ヶ月は、手術でおこった炎症を抑え、感染や合併症を防ぐために点眼薬を使用します。
手術の翌日からでも目を使ってかまいません。術後の見え方で、色調の違和感やまぶしさを感じることがあります。違和感についてはなれていきます。まぶしさが続くようであれば、色のついたメガネの使用をすすめる場合もあります。仕事への復帰は早期に可能ですが、一人一人によって異なりますので、医師に相談してください。術後の変化もありますので、手術後しばらくの間は、定期検査を受けましょう。
眼内レンズにはピント調節の力はないので、メガネが必要になります。術後1ヶ月程度たち視力が安定してきたときに自分の視力にあったメガネを作ります。

当院で取り扱っている眼内レンズ

・単焦点眼内レンズ
単焦点眼内レンズは最も使われている眼内レンズです。手術費用に眼内レンズ代が含まれております。
一つの距離にピントを合わせます。くっきりと見えるのが特徴です。

・乱視矯正眼内レンズ
乱視を減らす効果のあるレンズです。すべての乱視を矯正できるわけではありません。正乱視と不正乱視があり、 このレンズによって正乱視を矯正することができます。この眼内レンズに関しても水晶体再建術の費用に眼内レンズ代が含まれます。

・低加入度分節型多焦点眼内レンズ
このレンズは弱い遠近両用レンズといったものとなります。乱視が多くないなどの条件がありますが、遠方から70㎝くらいまでの距離の裸眼視力を高く保つことが期待されます。大きな特徴が通常の水晶体再建術の費用のみでいれられる眼内レンズということです。また、多焦点眼内レンズで懸念されるグレア・ハローなど(夜間の光のにじみやわっかが見える現象)が起きにくいといわれています。

・多焦点眼内レンズ(2焦点・3焦点) 眼鏡の装着頻度を減らすことを目的に作られたレンズです。使用できるレンズは2焦点(遠・近)と3焦点(遠・中・近)となります。2焦点は20万程度、3焦点は30万程度の眼内レンズ代金が手術用と別に必要となります。
夜間の光がにじんだりわっかでできる現象(グレア・ハロー)が起こる可能性があります。

白内障とは?

人の目は、よくカメラに例えられますが、カメラのレンズにあたるのが水晶体です。
水晶体は直径9mm,厚さ4mmの楕円型の形をしていて、「みかん」のように皮と実からできています。皮にあたる部分が嚢とよばれる組織です。また、実の部分は透明な組織でタンパク質と水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。
正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、様々な原因で水晶体の中身のタンパク質が変化して、濁っていきます。これを白内障とよびます。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が反射してしまい、網膜にきれいな像が結べなくなり、視力低下を引き起こします。

白内障の原因

白内障は様々な原因で起こります。最も多い原因は加齢によるものです。個人差もありますが、年をとるにつれ、水晶体は濁っていきます。白内障は一種の老化現象ですので、年齢が高い人ほど多く発症します。
ほかの原因として、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの合併症として、若い人の発症が増えています。また、生まれつき白内障になっている場合や、外傷によるもの、薬の副作用で白内障になる場合があります。

白内障の症状

白内障では目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。
水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状はさまざまです。
主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。

1、かすんで見える

2,まぶしくなる、明るいところで見えにくい

3.ものが二重、三重にみえるようになった

4,近くが見えやすくなる。メガネがあわなくなる。

ご挨拶

はじめまして、院長の稲﨑紘です。
大学卒業後、生まれ育った横浜に戻り、横浜市立大学にて初期研修を経て、横浜市立大学眼科に入局致しました。以来、横浜市立大学附属病院ならびに附属市民総合医療センターにて眼科診療に従事してまいりました。

一般的な眼科疾患はもちろんのこと、白内障手術をはじめ、緑内障を専門とした手術・治療にも力を注ぎ、栄共済病院や保土ヶ谷中央病院など関連病院にて、白内障・緑内障手術を担当し、後輩の指導にもあたってまいりました。

こういった経験を生かし、より多くの方に身近に治療ができる環境で行いたく開院させていただきます。

  • 日本眼科学会認定眼科専門医・医学博士
  • 身体障害者15条指定医、難病指定医
  • 日本眼科学会、日本緑内障学会、日本網膜硝子体学会会員
  • 東京医科大学卒業 横浜市立大学大学院医学研究科修了
©上星川・和田町の保土ケ谷いいな眼科, All rights reserved.